家族に内緒でキャッシングを利用するために大切なこと

キャッシングを利用する際に問題となるが家族の存在です。キャッシングの利用が親や配偶者に発覚してしまうと喧嘩の原因となってしまいます。

 

家族に内緒でキャッシングを利用することは可能です。特に消費者金融では、キャッシングを内緒で利用するための様々な配慮がなされているのです。

 

とにかくすぐに借入れしたいならオススメのキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融を利用する際に重要なのは自動契約機の利用

消費者金融ではプライバシーを守る配慮がなされているため、通常の利用で家族に発覚することは少なくなっています。しかしそれでもキャッシングの利用が家族に発覚する原因があり、そのひとつがローンカードの問題です。

 

ローンカードが郵送されると、家族に発覚してしまう

キャッシングを利用するためには、キャッシング会社のATMから借入金を引き出すためのローンカードが必要となります。インターネットやスマートフォンからキャッシングの申込を行うと、このローンカードが自宅に郵送されてくることになるのです。このローンカードが消費者金融から自宅に郵送されてくる唯一の郵送物となります。そこでキャッシングの申込の際には、ローンカードが郵送されるのを防ぐ必要があります。

 

自動契約機で申し込むと、ローンカードの郵送を防げる

ローンカードは消費者金融の自動契約機で発行することができます。自動契約機が設置されている店舗まで出向く必要ができますが、自動契約機で申込手続きを行い審査が完了すば、その場でローンカードが支給されるのです。自動契約機を利用すればローンカードの郵送を防げるため、キャッシングの利用を家族に秘密にするには自動契約機を利用することが重要となります。

 

悪質な延滞を避けることも重要

郵送物の次に大切となるのが、消費者金融から自宅に連絡が来ることを防ぐことです。悪質な延滞をしない限り、消費者金融が直接自宅に電話をかけてくることはありません。通常の延滞では、利用者本人の携帯電話に連絡してくるだけなのです。悪質な延滞さえしなければ問題はありません。

 

延滞した場合の督促電話の内容

返済期限に遅れた場合には、消費者金融から本人の携帯電話に連絡が来ます。そこで尋ねられる内容は、返済がいつになるかということです。そこで返済できる期日を伝えたら会話はそこで終了し、それ以上の督促がなされることはありません。法律によってそれ以上の督促は禁じられているため、消費者金融は度重なる連絡はできなくなっています。

 

最初の督促電話で約束した新たな返済期日について守れなかったとしても、自宅に連絡は来ません。同じように本人の携帯電話に連絡が取られるだけです。そこで約束した期日を守れなかった場合、つまり延滞を3回してしまうと自宅に連絡がくる可能性が出てきます。さらにこの際には自宅に督促の郵送物が届けられる可能性もあります。

 

延滞については、1、2回の軽度なレベルでは自宅に電話がかけられたり郵送物が届けられることはありません。3回以上延滞して初めて、自宅に連絡が来る可能性が発生するのです。そこで延滞は1、2回の軽度なレベルに留めておくことが、大切となってきます。

 

銀行カードローンは、消費者金融よりも発覚しやすい

このように消費者金融では普通に利用していれば、家族に発覚することはありません。しかし銀行カードローンでは自動契約機の問題から消費者金融に比べ家族に発覚しやい傾向にあります。そこで銀行カードローンを利用する際には注意が必要となります。

 

銀行カードローンでは自動契約機が少ない

銀行カードローンは消費者金融ほど自動契約機を設置していません。そこで銀行カードローンを利用す際には、インターネットから申込みを行い、ローンカードを郵送で受け取る必要があるのです。このローンカードから銀行カードローンの利用が家族に発覚してしまうことがありえるのです。

 

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行にはローン契約機がある

消費者金融に比べれば数が少ないものの、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はローン契約機を設置しています。このローン契約機は消費者金融の自動契約機と同様に利用でき、その場でローンカードの支給を受けられてローンカードの郵送を防ぐことができます。

 

ローンカードは本人限定郵便で届けられる

ローンカードはキャッシングに利用する大切なカードであるため、本人限定郵便という特殊な郵送形態で届けられます。家族からすれば、本人限定郵便は不自然なものであるため、猜疑心を持つことになります。そこで重要なのは気の利いた理由を考えておくことです。ネットバンクの口座を開設した、とかショッピングに利用できるポイントをもらうためにローンの開設手続きだけした、というような理由を用意していれば、家族の猜疑心を解消することができるのです。

キャッシングの事を家族には言わない場合

銀行で現金の出し入れをした時には利用明細というものがありますが、キャッシングの利用にもその明細というものがあり、特に指定がないのであれば自宅に利用明細書が届くのが一般的です。ただし、キャッシングの利用を家族に言わないで利用している人も少なくありませんので、キャッシング関係の郵便物が自宅に届くのは避けたといった方もいます。

 

通常キャッシング関係の郵送物は、消費者金融だと○○センターや○○サービスセンターなどといった表記になっていて、封筒の表にはその会社名が書かれていないため、どのような郵便物なのかがわからないようにされています。それでも本人以外の人が郵便物を開封してしまう事もあるかもしれず、なるべく避けたいといった場合もあるでしょう。

 

利用明細書はwebがおすすめ

インターネットが盛んな時代なので、キャッシングもやはりWEBでの利用が多くなっています。申し込みならば24時間受け付けていますし、書類の提出から契約手続き、振り込み融資などの全てをインターネット上でできてしまいます。

 

銀行や消費者金融の利用明細書も同じくインターネットでの確認ができるようになっているので、そちらを利用すれば郵送物をなくす事ができますし、いつでも好きな時に現状を確認できるのでとても便利でおすすめです。ATMでも利用明細というのはその都度発行されますが、利用するATMによっては発行されない事もありますので注意が必要です。

 

郵便物の有無は業者によって違う

消費者金融の即日融資などだと、郵便物や書類なしといった方法があるのは事実ですが、全ての消費者金融がそうではありません。本人確認書類は銀行でも消費者金融でも必ず提出しなければならない書類ですが、収入証明書はその限りではありません。

 

ですが、消費者金融によっては収入証明書も提出が必須となっている場合もあります。また利用明細書などの郵便物も、どのような方法かを指定しなければ自宅に郵送される事になります。契約後にカードを後日郵送で入手する事にした場合には、自宅に届く日時を指定する事ができたり、郵便局へ本人が直接出向いて行って受け取るといった方法をとる事もできます。

 

カードに関しては、郵送で受け取りたくないのであれば、自動契約機などの店舗で受け取るようにするといいでしょう。手続きの方法も、大まかにはどの業者も同じような方法になります。流れとしては、申し込み後にすぐ審査をして結果が大丈夫であればすぐに契約手続きをして振り込みやカードで借り入れをします。

 

ですが、融資までのスピードに重点を置いている会社だと申し込み後にすぐカードを発行し、本人確認などの書類の確認が出来れば即融資を実行してしまって、その後に書類が自宅に郵送されてきてゆっくり手続きをするといった方法を取ります。

 

またその他のキャッシング会社でも、自動契約機に設置してあるタッチパネル式の機械で入力をする事で面倒な書類を省くといった方法や、自動契約機の部屋で必要事項を記入した用紙を機械に読み込ませる方法もあります。そうすればその後に郵送されてくる書類は特にありません。

 

インターネットのWEB完結という方法を採用している会社の場合には、本人確認書類も撮影した画像を送信するだけでいいですし、キャッシング会社が提示する条件をクリアしていればキャッシュカードなしの振り込みのみの融資をうけられるサービスを提供しているところもあります。

 

WEB明細の利用登録をしておく事が条件で30日間無利息サービスになる消費者金融もあります。銀行でも消費者金融でもできれば郵送する書類を少なくしたいのが本音ですので、WEBの利用を積極的に推進しています。

 

誰にも知られたくないならば

キャッシングの利用を知られないようにしたいのであれば、郵便物が自宅に届かないようにする事かもしれませんが、一番大事なのはきちんと返済をする事です。

 

返済が滞ればどんなに隠したくてもいつかはわかってしまい、家族にも迷惑がかかってしまうかもしれません。カードの受け取りや書類の件など、申し込み時に利用方法をしっかりと確認して、計画的にキャッシングの利用をするようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日