借入れ額が大きくなければ、収入証明書は基本必要ない!

借り入れをしたいと考えても、その気持ちを不安にさせるキャッシング審査。書類を準備したり、条件があったりと難しい印象のキャッシング審査ですが、事前の準備と知識があれば意外と簡単に思えるはずです。

 

まずはお試しで審査チェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

キャッシング審査に必要な書類とは

キャッシング審査を通過するには、必ず準備しなければならない書類が1つあります。それは身分証明書です。身分証明書として有効なものは、

 

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 学生証

 

などが挙げられます。この中で、一番審査に通りやすいと言われているものは運転免許証です。運転免許証を持っている場合は、迷わず提出しましょう。一方で、運転免許証を持っていないという方は、持っている身分証明書の中でできれば顔写真が入っているものを選んでください。顔写真がないものだと2種類以上の提出を求められる場合があります。

 

収入証明書は必要か

キャッシング審査というと返済能力を確認する目的で、収入証明書の提出を求められることがあります。この収入証明書の提出がネックとなりがちですが、金融業者や借り入れの条件によっては、収入証明書が不要なケースがあります。
まず、一定の金額以下の借り入れであれば、身分証明書のみの提出で審査を受けることができます。具体的には、消費者金融であれば50万円まで、銀行カードローンであればほとんどが300万円までがその対象となります。(銀行カードローンの中では一部、金額の指定が異なるものがあり、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは100万円まで、みずほ銀行カードローンでは200万円までとなりますので注意してください。)

 

ここまでは、キャッシング審査に必要な一般的な情報を紹介しましたが、実際は、従事している職業や立場によって詳しく説明していきます。

 

自営業・法人経営者のケース

先ほど、収入証明書が不要な場合を紹介しましたが、残念ながら自営業・法人経営者の方に関しては、借り入れ額に関わらず、収入証明書が必要となります。職業柄、安定した収入を保証するものがないため、審査の手順がより慎重となりがちです。

 

自営業や法人経営者の方には、給料明細がないため、一般的に次のように呼ばれる書類が、収入証明書として必要となります。

 

  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

 

これらの書類は、役所で申請をすれば発行してもらうことができます。以上から、自営業・法人経営者の方は、借り入れ額に関わらず、身分証明書と収入証明書を用意してください。

 

無収入の専業主婦のケース

自分の収入がない専業主婦の審査の場合、自分の身分証明書にプラスして次の2つの書類が必要になります。

  • 住民票
  • 配偶者の同意書

住民票は、「夫との婚姻関係を証明する」ために必要で、配偶者の同意書は「夫の収入で借りる」ために必要です。ここで一つ問題が発生します。夫の同意のもとで借り入れをする場合は問題ないですが、夫に内緒でお金を借りたい場合はどうすれば良いのでしょうか。実は、夫の同意書がなくても借り入れをすることができる銀行カードローンがいくつかあります。

 

  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

 

などが、夫の同意書がなくてもキャッシングOKとなっています。これらの銀行カードローンを利用する場合には、自分の身分証明書と住民票を用意すれば、審査を受けることができます。

 

さらに、夫の同意書だけでなく、住民票の提出も不要な銀行もあります。

 

  • 楽天銀行
  • 横浜銀行

 

です。つまり、自分の身分証明書を用意すればOKということになります。(一つ注意点として、横浜銀行カードローンに関しては、夫の名刺も併せて必要となりますが、夫の同意書と比べればハードルはぐっと下がります。)

 

さらにこの2行のうち、全国どこにいても借りられるという点から、楽天銀行スーパーローンは特にオススメです。(横浜銀行カードローンは、神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤の人という条件がついています。)

 

学生のケース

学生の場合も、基本的には身分証明書があればキャッシング審査を受けることができます。学生ということから、「親権者の同意書」が気になるところですが、「親権者の同意書」の提出を必須としている銀行は、三菱東京UFJ銀行のみとなっており、消費者金融やその他のカードローンの場合は、必要ありません。

 

また、返済能力の確認という点から、学生だということは不利になりがちですが、意外にも学生証を指名して提出させるケースはほとんどありません。身分証明書の提出は必須ですが、「学生証」と限定されているわけではないので、敢えて学生証を提出する必要はありません。運転免許証を取得していれば運転免許証を提出する方が好ましいと言えます。

 

一方で、学生専用ローンの中小業者などは、学生専用ですから学生証が必要ですが、学生向けの事業なので学生であることが不利に働くとは考えにくいので心配はいらないでしょう。収入証明書については、上の説明と条件は同じとなります。一定額以下の借り入れで4あれば、準備する必要はないので、学生の方でも不利になることなく、キャッシング審査を受けることができます。

 

いかがでしたでしょうか。一見、難しい手続きがあるように思えるキャッシング審査ですが、自分の条件に合わせて、適切な必要書類を準備することができれば、早く正確に審査を通過することができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日