電話での在籍確認を避けるための方法とは?

勤め先へ電話をされることなく、キャッシングができる消費者金融や銀行というのは数多く存在していて、なかでも消費者金融のプロミス、モビットにおいては、書面で在籍確認を避けられることが明らかにされています。

 

さらに、アコムでも上限金額が10万円までという条件付きとはなりますが、在籍確認が行えなかったとしてもキャッシングは可能といったように、電話での在籍確認を避けられますし、たとえ、電話をかけてこられたとしても、キャッシングとは分からないような内容でかけてきますので、勤め先に知られることなく容易にキャッシングは行えるのです。

 

モビットやプロミスは勤め先への電話を避けることが可能です

勤め先へ電話をされることなく、キャッシングをしたい方はモビットやプロミスを利用するのがベストです、繰り返しになりますが、書面の提出によって、それを在籍確認の代わりとすることが可能です。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

在籍確認の代わりとなる書面は、社会保険証や給料明細

正社員として雇用されている方であれば、上記については問題なく用意できるかと思われます。ただ、会社に勤めて間もない方は保険に加入していない可能性もありますので、注意が必要です。

 

例えば転職して間もない方等がこれにあてはまるでしょう。その他、パート等の非正規社員の方も社会保険には加入していないことも十分考えられます。

 

そして、このようなケースに当てはまる方は、他の人と比べて審査では多少不利になることもあり、これはその会社に入りたてという理由からです。消費者金融などでは、審査の際、勤務年数も見られることになっています。

 

ですが、非正規社員の方に対して、プロミスにおいては話し合いによっては、何らかの対処をしてもらえることがありますので、電話などで話し合ってみるとよいでしょう。しかし、あなたの信用に問題がある場合などは厳しいかもしれません。

 

モビットに限っては、口座を開設している必要があります

”社会保険証”や”給料明細”を提示する必要があるのは、プロミスやモビットも同様となりますが、モビットではさらに、”三菱東京UFJ銀行”もしくは”三井住友銀行”で口座を開設していなければなりません。したがって、モビットで電話での在籍確認を避けるためには、インターネットでお申し込みを行い、書面を提出し、上記いずれかの銀行の口座情報を送ってあげることが必要だということです。

 

これによって、わざわざ電話でその旨を伝えることが不要ですので、気が楽になり、その上、審査に要する時間の短縮にもつながります。ですから、モビットは在籍確認の電話を避けたい方のみならず、至急お金を受け取りたい方にとっても、お勧めの消費者金融と言えるのです。ただ、万が一、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の口座を開設出来ないという場合は、プロミスを選択されるとよいでしょう。

 

プロミスは口座がなくても大丈夫

プロミスはモビットとは違い、必要とされている口座が存在しませんので、こちら側から直接在籍確認の電話を避けたい旨をお話することになります。具体的には、電話もしくは無人契約機でお申し込みを行い、あなたに関する情報を送信することになるわけですが、情報の送信に関しては、事前に行ってしまっても構いません。

 

ただ、その場合は送信した直後にプロミスに連絡を入れないと、電話での在籍確認が行われてしまうこともありますので、十分注意しましょう。在籍確認というのは、審査の終わりの方に行われることが多いですが、状況次第では順序が逆になることも考えられるためです。さらに言えば、この段階では電話での在籍確認が避けられるという保証もありません。それを知るためにも早い段階でお願いするのが理想と言えるでしょう。

 

アコムでは上限金額を10万円とするだけで、避けることが可能

前述のとおり、モビットやプロミスでは所定の手続きが必要とされていますが、アコムにおいては、このような手続きは不要とされています。ちなみに、アコムでは在籍確認が行えなかった場合、上限金額を強制的に10万円に設定され、数日後にでもきちんと在籍確認が行うことができれば、通常の上限金額にしてもらえるという仕組みです。

 

この金額で満足できる方であればアコムも十分価値のあるものとなりますし、手続きが不要ということで負担を少なく済ませることができます。しかし、ここで気をつけたいのは、いずれ勤め先へは電話がかかってくることになるということで、電話をされることなく、キャッシングを行いたい方は、自分の勤め先が営業していない時間帯にお申し込みをする必要があるということです。ですから、人によってはそれほどアコムは勧められないと見ることもできます。

 

銀行でキャッシングを行う場合の在籍確認の電話について

これまで消費者金融でキャッシングを行う場合の在籍確認についてお話してきました。では銀行はどうかというと、消費者金融と比べると非常に難しいとされています。先に挙げたモビットやプロミス、そしてアコムでは電話をされることなく、在籍確認が行えるといったことが明確になっていましたが、銀行に関してはこのようなことがほとんど明らかにされていません。

 

場合によっては、それが実現できるといった感じで、実現できるところとしては、三菱東京UFJ銀行が挙げられ、この銀行のカードローン、”バンクイック”では、もし勤め先が営業していないといった場合、電話を避けることができるようです。
ただ、これは三菱東京UFJ銀行の無人契約機である”テレビ窓口”を用いた場合に限ります。

 

楽天銀行のカードローンも電話を避けることが可能?

先ほどお話した三菱東京UFJ銀行の在籍確認に関しては、あくまで体験談からのお話しです。ここで取り上げる楽天銀行のカードローン”楽天銀行スーパーローン”も同じく体験談からのお話となりますが、このカードローンにおいても、上限金額を少なくしてお申し込みすることで、電話での在籍確認を避けられるということが多々聞かれます。

 

これが真実かどうかは定かではありませんが、多く聞かれることから、全くの嘘ではなさそうです。ですが、お申し込みする方の属性や信用に問題がない方でないとたとえ少ない金額でのお申し込みであっても電話での在籍確認を避けるのは難しいと言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日